奴隷色のステージ Vol.7 作品紹介

奴隷色のステージ Vol.7

母親を医療ミスで失った春香は薮田グループに裁判で挑もうと考えていた。
「示談金を支払いますので裁判は取り下げてもらえないですか」
「お金じゃないんです。私はただ真実を知りたいだけ」
春香の一途な性格は薮田グループの怒りを買い、
本人はもとより、義理の妹ミク、証言してくれるはずの元看護婦の3人はSM地獄に突き落とされる。

義理の妹はアイマスクをされていて相手が姉とは気づいていない。
脅かされ、義理の姉の性器を舐める妹ミク。
姉にクンニ

春香の悲痛な叫びは猿轡に遮られ言葉にならない。
無情にも妹のペニバンが春香を貫く。
ペニバン

奴隷の証として奴隷色のボンデージを装着された二人は、男たちの慰み者となる。
強制フェラ

男たちの無理難題に蹂躙されていく春香。
姉を襲う悲劇

エンディングシーンは冒頭シーンとは立場が逆転、アイマスクをされた春香が義妹ミクとは知らないまま、ペニスバンドで女性器を責めてしまう。
ペニバン性交

義妹ミクは快楽に身をまかせてしまい、姉の腰遣いによって絶頂を迎えてしまう。
ペニバン性交で絶頂を迎えてしまう妹

SM映像老舗メーカーアタッカーズ 龍縛シリーズ 奴隷色のステージ7 作品データ
監督:川村慎一 脚本:後手縛り
収録:150分 発売:2010年1月7日
出演:彩月あかり 小桜沙樹 桜あやめ
奴隷色のステージ7
残念ながらこのDVDはエピキュリアンでは販売しておりません。
アタッカーズ作品ページ

奴隷色のステージ Vol.7 作品紹介” への1件のコメント

  1. ピンバック: 奴隷色のステージ Vol.12 作品紹介 | エピキュリアン SM情報ブログ

コメントは受け付けていません。