DVD 湯けむり天獄 六 翼裕香 作品紹介 

DVD 湯けむり天獄 六 縄情の宿 天縄の翼編
熟女の色香もたっぷりの翼裕香を天馬ハルの縄が容赦なく責め立てる詩情豊かなSM作品。
翼裕香さんは本シリーズ第一回目に登場しているが、本シリーズ6作目にて再登場。
彼女の人気の高さがうかがえる。

くつろぐ間もなく緊縛絵を見せられ、今日はその世界にどっぷりと浸ることになる。絵のままに恥ずかしい姿に縛られた裕香。恥ずかしい部分を広げられて泣く。尻を平手打ちされる。
翼裕香その1

今度は椅子の上で両足を高く吊り上げられて、股間を晒す姿に。どんな恥ずかしいことをされるのか。筆で愛撫されて声をあげる。あからさまに写真を撮られていく。執拗な筆責めでもだえる。
翼裕香その2

片足を吊られた姿で、苦しい姿勢のまま放置される。
画像奥には煙草くゆらせ、笑みを浮かべながら眺めている天馬氏。
翼裕香その3

本作品おなじみの美しい入浴シーンも。
翼裕香その4

浴衣姿で緊縛。ここはしっかりと縄の運びを眺めることができる。
乳首に洗濯バサミをつけられる。淫らな体がうずく。
いくつもの洗濯バサミで変形した乳房。そこを竹鞭で軽く打つ。
翼裕香その15

縄を足され、膝がつく程度に吊られ、髪も縄で吊り上げる。
浴衣をはだけて、竹鞭仕置き。
翼裕香その5

足も吊られて、M字開脚にされる。ぐっしょりと濡れた恥部を男にはっきりと見られてしまう。
あられもない宙吊りにされて、その濡れた恥部をビール瓶で激しく嬲られる。
翼裕香その6

鼻を吊られ、舌に洗濯バサミ。快楽に染まった体を苦悶が襲う。だがその苦悶は新たな悦楽へと彼女を追い込んでいく。
翼裕香その7

足を厳重に縛りあげていき、さらにオブジェとして物としての肉体へ。
翼裕香その11

高く水平に吊り下げられたかと思ったら、逆さ吊りにされて竹鞭打ち。
翼裕香その10

やっとおろされたと思ったらSM熱蝋責め。かなりの熱さに叫び声を上げてしまう。あわれな女の被虐地獄だ。
翼裕香その9

特典映像もある。太い竹を背負うように縛り付けられ、蝋燭を大量に垂らされる。美しい彼女の悲しい舞いを楽しむことができる。
翼裕香その8
いつもながら妖艶な翼裕香と、その本性を引き出す天馬ハルの責めに飽きることなく見入る作品だ。文=あんぷらぐど 荒縄工房主宰)

作品紹介中の解説は筆者の主観にて記述しております。
本編とセリフの言い回しが違う場合があります。紹介させて頂いている画像順は、作品とは順番が違う場合があります。

DVD 湯けむり天獄 六 縄情の宿 翼裕香 販売ページ
湯けむり天獄 六 縄情の宿 天縄の翼編ジャケット

DVD「美獣ラバーミストレス EVE 」作品紹介

DVD「美獣ラバーミストレス EVE~倒錯的偏愛調教~」作品紹介
スタイル抜群で笑顔もすてきな女王様EVE。
やさしく厳しく奴隷M男を追い詰めていく。女王様によるSMプレイを3つのシーンでたっぷりと描いている。

パンツ姿の奴隷は「なんでもできます」と宣言。
女王様は「ほんとに?」と懐疑的だ。
美獣ラバーミストレス その1

まずはご挨拶から。女王様はすぐに奴隷をいたぶりはじめる。顔を足ではさみ、鞭で尻や足を叩き、乳首をつねる。弱点の乳首を楽しそうにいじめる。あまりの痛さに叫ぶM奴隷。
美獣ラバーミストレスその15

洗濯バサミでさらに責める。
床に寝かせた奴隷の上にまたがって楽しむ女王様。
「乳首、大きくなったかな?」
今度は鎖のついたクリップで乳首を完全破壊へ。
「伸びるかなあ」
美獣ラバーミストレスその14

伸びて膨らんだ乳首を元にもどしてあげると、ヒールで踏みつける。
美獣ラバーミストレスその13

さらに圧迫責め。パンツの上からチンポを握り、同時に首を絞めて「おまえとチンポとどっちが先に死ぬのかな?」
チンポを両手で雑巾絞り。
美獣ラバーミストレスその12

股間にヒールをあてて、電気あんま。早くも奴隷は昇天しそうだ。
美獣ラバーミストレスその11

がんばる奴隷にはご褒美のタンツボ調教。
美獣ラバーミストレスその10

願望をかなえてあげようとしたのにふがいない奴隷にお仕置き。乗馬鞭で叩く。
美獣ラバーミストレスその9

さらには暖炉に手をあげて尻を突き出させての一本鞭。鞭を手にしたときの女王様の姿はさすが。
ソファーに抱きつかせて背中への鞭。
「息を大きく吸って止める」。鞭の痕がくっきり。
「3、40発はいけるのね?」
美獣ラバーミストレスその8

ラバーコスチュームに着替えてきた女王様。薄いラバーガウンが妖艶だ。
「なにされるのか、わかるよね」と道具を見せる。
お尻責めがはじまる。
ラバーグローブをして触診。指を入れられて。
「本物のオチンチンでやられたこと、あるの?」
男の娘にやられた恥ずかしい話を告白させられる。
美獣ラバーミストレスその7

固いガラスの淫具を舐めさせられ、それをねじ込まれる。
美獣ラバーミストレスその6

アナルフックを試される。自分でアナルフックを気持ちいいところに当てさせられる。
美獣ラバーミストレスその5

女王様は下にもヌメヌメと光るラバーのパンツ。ペニスバンドがいよいよ登場する。
アナルとチンポを自分でいじりながら、
ペニバンをしゃぶらされて、期待感にふるえる奴隷。ペニバンがアナルを襲う。
「ショータイムがはじまるよ」と突き入れる。
足を抱えられてベッドのクッションを利用しての激しいアナル責めに大声をあげる奴隷。
「チンチン、小さいじゃん」と怒られる。
「チンチン立てないおまえにお仕置きファック」と怒鳴られ、
「クソビッチ並の騎乗位してごらん」
チンポから出た精液を舐めさせられるのだった。
美獣ラバーミストレスその4

黒いセクシーな衣装の女王様。縄を手にしている。深紅の下着が美しい。
「勃起したオチンチンで射精します」と宣言させられた奴隷。
「できんのか?」とこれまでの失敗をなじられる。
美獣ラバーミストレスその3

みっともない格好をさせられて何度も宣言をさせられる。犬のように首に縄をかけられ、両手をしっかり縛られる。足も縛られ、いたぶり。ヒールで踏みつけられる。
喉元に座り込んだ女王様からツバをいただく間も、自らの手でチンポをしごき続ける。踏まれても蹴られても、あざけられても、手を止めてはいけないのだ。
顔面騎乗をされながら「急げ急げ、立てろ立てろ」とからかわれる、憐れな奴隷。
美獣ラバーミストレスその15

「チンチン立てないと死ぬよ」と呼吸できない顔面騎乗。だが奴隷には顔を圧迫する女王様の股間にこそ悦楽があるのだ。
そしてようやく射精に成功。
「ご褒美あげなくちゃ」ご褒美に聖水をいただく。
顔を足で踏まれながら「ありがとうございました」
いつまでも快楽の余韻にひたる奴隷。
美獣ラバーミストレス その16

美しいミストレスになじられ、踏みにじられ、恥ずかしい自分をさらけ出し、泣き叫ぶ。マゾの血が騒ぐ作品でありながら、全体に温かい雰囲気を持っているのは女王様EVEの優しさの賜物だろう。
文=あんぷらぐど 荒縄工房主宰)

作品紹介中の解説は筆者の主観にて記述しております。
本編とセリフの言い回しが違う場合があります。紹介させて頂いている画像順は、作品とは順番が違う場合があります。

DVD「美獣ラバーミストレス EVE~倒錯的偏愛調教~」販売ページ
美獣ラバーミストレス ジャケット画像