DVD 女囚幻想 蓬莱かすみ 作品紹介

DVD 女囚幻想 第四弾 蓬莱かすみ 作品紹介

押し入れの中から、SM、緊縛の古典雑誌「緊美研通信」を取り出して眺める彼女の目がとまったのは、「磔刑の美少女」というシナリオだ。
声に出して読み始める。十字架を負わされて刑場へ歩かされる美処女の話に、股間を熱くする。
女流緊縛師である蓬莱かすみが、女囚に魅せられていく。
女囚幻想 蓬莱かすみ その1

パートナーであるつばきとの熱いキス。当時、看護師をしていたかすみは、女医つばきとの関係を楽しんでいた。縄を取り出し、つばきに「縛ってあげる」。縄をかけていくにつれて燃え上がる2人。
切ない気持ちを縄にこめて、彼女を縛り上げる。
いやらしい音をたてて、股間をすすりあげる。美しいレズ愛が繰り広げられる。
その様子を男に見られていた。2人とも夫がいる身だったのだ。夫はその密会を盗み見ることを楽しみとしていた。
女囚幻想 蓬莱かすみ その2

一転して、女囚となったかすみ。「女囚幻想」シリーズは主人公が幻想と現実を行き来する作品である。
「女とできてるんだな?」と何発もビンタをされ、尻を打たれる。
夫によく似た岡っ引きに、捕らえられた女となっていたのだ。
「おまえの体に聞いてやる」と、乳首を激しくいたぶられる。
「私はなにも知りません」「強情なやつだ」と厳しく尻を叩かれる
女囚幻想 蓬莱かすみ その3

駿河問いで吊されてしまう。いつもは縛る側なのに。
女囚幻想 蓬莱かすみ その4

叩かれ、蝋を垂らされる。
「お許しください」と懇願しても、熱蝋が股間に注ぎ込まれていく。
その熱さと恥ずかしさ、そして苦しさ。全身が痺れていく。叩かれ、乳首を蝋燭で炙られる。その痛みに思わず反応してしまう……。
女囚幻想 蓬莱かすみ その5

現実に戻れば、看護師のかすみは、つばきに「大丈夫?」と心配されるが、「それよりもっと私の首を絞めてみて」と激しい性愛を求めてしまう。
女囚幻想 蓬莱かすみ その6

そしてまた女囚の幻想へ。なんと、つばきも女囚として連れてこられ、女同士で不貞を働いたことを認めてしまう。そして厳しい磔に。しかも恥ずかしい部分を突き出すように。
女囚幻想 蓬莱かすみ その7

つばきはどういうことをしたのか実際にやらされる。
そして秘部にとろろを塗られる。外側にたっぷり垂らして、すりこぎを突き入れる。奥までたっぷりと塗り込まれ、クリトリスを擦り上げられる。
「痒いのか」「はい」
すりこぎで女陰をかき回すのだ。これまで感じたことのないような悦楽にみもだえる。
女囚幻想 蓬莱かすみ その8

木馬責め。尻を打たれながらついに白状する。男はSM折檻を楽しみはじめる。「苦しみながら地獄に堕ちるんだ」と。
女囚幻想 蓬莱かすみ その9

恥ずかしい姿に縛り上げられ、乳首に熱蝋を浴び、蝋がたまると叩かれてさらに熱蝋が追加される。
女囚幻想 蓬莱かすみ その10

現実に戻ったはずなのに、縛られているかすみ。猿ぐつわにふんどし姿。ふんどしレズ。
女囚幻想 蓬莱かすみ その11

そして、女囚のかすみは、十露盤に正座させられる。石抱き。1枚、2枚、3枚と増えていく。最愛のつばきに足をのせさせる。とうとう4枚の石を抱えさせられた。長時間にわたる厳しい拷問。いつ終わるとも知れない苦悶に嗚咽する。
女囚幻想 蓬莱かすみ その12

現実の世界でもつばきに責められる……。
女囚幻想 蓬莱かすみ その13

最後には、磔となった姿。
「おまえの望みどおり死罪だ」
女囚幻想 蓬莱かすみ その14
照明や背景に凝った美しい場面の多く、内容も盛りだくさん。時代物SMファンでなくとも最後の最後まで楽しめる作品。
撮影現場のナマナマしい映像が本編のあとにあります。
(文=あんぷらぐど 荒縄工房主宰)
作品紹介中の解説はブログ管理人の主観にて記述しております。
本編とセリフの言い回しが違う場合があります。紹介させて頂いている画像順は、作品とは順番が違う場合があります。

DVD 女囚幻想 蓬莱かすみ 販売ページ
女囚幻想 蓬莱かすみ ジャケット画像

DVD 奇縄 波多野結衣 作品紹介

DVD 奇縄 悪魔の餌食 波多野結衣
スカパーアダルト放送大賞2018で最多出演女優賞を受賞した波多野結衣(Hatano Yui)が、前半は痴女から誘惑へ。中盤から緊縛SMプレイをたっぷり見せてくれる。
就職先の社長を誘惑。「いろいろ教えて」とねだる。声もかわいい。「いっぱいグチョグチョにしてあげますよ」と攻められて断ることなんてできない。だが、それは社長の望むところだった。
奇縄 波多野結衣その1

いやらしい音をたてて、ガッツリとフェラ、手コキ。熱いものを吸い出す。痴女全開の前半部分。ここは素直に彼女のエロな肉体を楽しむとしよう。
奇縄 波多野結衣その2

さっそく社長、彼女を呼び出す。「私の言うとおりにしたほうがいい。すべてを私に預けなさい」。激しい愛撫からベッドへ連れ込まれ、社長のクンニでいかされる。表情が豊かな波多野結衣ならでは。
奇縄 波多野結衣その3

騎乗位で激しくあえぐ彼女の姿もいい。このいやらしくも美しい肉体を、思う存分、自分の好きなように嬲りたい。
奇縄 波多野結衣その4

そして社長室で緊縛される彼女。着衣のまま、腕をしっかりと縛られてお尻を叩かれる。
これが彼女の仕事だ。思わず「気持ちいい」と興奮してしまう。とくに乳首を責められると弱い。自分から望んだこととはいえ、社長の黒い罠に落ちていく姿に魅せられる。
奇縄 波多野結衣その5

社長のイスにのせて、お尻を剥き出しにしてスパンキング。口でフィニッシュさせるのだった。それがもはや彼女も欲しい刺激になってしまっていた。
奇縄 波多野結衣その6

一転して、縄地獄。部屋中に張り巡らされた蜘蛛の巣のような縄。全裸で絡め捕られた彼女。縄による愛撫にもだえ狂う。そして自ら縄を股間にこすりつけていく。彼女の中に秘められていた妖しい欲望はもはや隠すことができない。
奇縄 波多野結衣その7

そして、衆人公開。淫らな姿を大勢の客に見ていただくのだ。フクロウのカバーだけで顔を隠して、全裸のまま接待の席に連れ出される。
オナニーを強要され、客に観賞され、大興奮してしまう。後戻りのできないところに来てしまった。
奇縄 波多野結衣その8

プライベートでは、ソファーに縛られての凌辱SMプレイ。そして奉仕。激しく感じさせられる。
仕事はどうでもよくなってしまった。肉欲のみに生きる奴隷となるのだ。
奇縄 波多野結衣その9

とうとう、会議でも全裸緊縛姿で同席させられるSMペットに堕とされた。おそらく、社長が彼女に飽きたら、社員全員の性処理玩具にされてしまうに違いない。
奇縄 波多野結衣その10
(文=あんぷらぐど 荒縄工房主宰)

作品紹介中の解説は筆者の主観にて記述しております。
本編とセリフの言い回しが違う場合があります。紹介させて頂いている画像順は、作品とは順番が違う場合があります。

DVD 奇縄 波多野結衣 販売ページ