DVD 女囚幻想 神納 花 作品紹介

DVD 女囚幻想 第三弾 神納 花 作品紹介

DVD「女囚幻想」はSM緊縛雑誌を読むことで、
主人公が淫らな妄想によって江戸時代にタイムスリップしてしまい、当時の過酷な拷問を受けてしまうというシリーズだ。
第一作「川上ゆう」第二作「羽月希」に続き、今回の主人公は「神納花」だ。

江戸時代にタイムスリップした神納花は捉えられ、激しい拷問を受ける。
突然のタイムスリップに状況もわからないまま、捉えられた神納花の不安は計り知れない。
一体ここは何処なのか? 果たして戻る方法があるのか?
何もわからないまま、神納花の拷問が始まった。

逆さづりで水責めを受ける神納花。
この状態で水責めをされると、鼻から水が入って非常に苦しむ。
水で息ができない恐怖に加え、鼻から入る水の苦痛に耐えかねて神納花が悲鳴を上げる。
女囚幻想第三弾その1

水責めは拷問師の気分しだいで、顔を水につける時間が決まる。
水につける時間が長ければ、それだけ苦しむことになる。
顔を水につけては引き上げ、息を吹き返す。
これを何度も繰り返すうちに、身も心もしだいに弱っていく。
女囚幻想第三弾その2

時折拷問師が神納花の顔を覗き込んで様子を窺う。
殺してしまっては意味がない。
水責めは死ぬギリギリのところまで苦しめるためにある。
もっとも、責めすぎて殺してしまってもかまわない。
水責めされる女を生かすも殺すも、拷問師の気分ひとつで決まる。
女囚幻想第三弾その3

水責めするだけでは飽き足らないのか、拷問師は今度は先がささらのようになった太い竹を持ち出して叩き始めた。
バシッ、バシッと竹で叩くたびに乾いた音がして、同時に神納花が悲鳴を上げる。
はだけた胸に竹の先が当たり、白く美しい乳房が赤く変色していく。
女囚幻想第三弾その4

しだいに拷問師が激しく殴打し始めた。
痛みに耐えかねて絶叫する。
だが、彼女への拷問はまだ始まったばかりなのだ。
女囚幻想第三 弾その5

両手両足を縛られ、駿河問いの形に吊り下げられた神納花。
ただでさえ背骨が軋むほどの苦痛を受ける責めなのに、腰に石の重りをぶらさげるという残酷さだ。
さらに、全裸の背中に熱いロウが垂らされ、神納花が思わず悲鳴を上げる。
女囚幻想第三弾その6

前作までの女囚幻想シリーズは、途中で現代に戻ることはなかったが(私の記憶では)本作は現代に戻ったり、再度タイムトリップしたりする。
再度、江戸時代に飛んだときには、怪しげな坊さんと遊女が登場する。
坊さんはスリコギを丹念に回しながら山芋を擂っている。
それを棒の先に塗って神納花の性器に挿入しようというのだ。
だが、床に大の字に両手両足を拘束された神納花に逃げるすべはない。
女囚幻想第三弾そ7

山芋を神納花の性器に垂らす坊さん。
山芋の持つ粘り成分は、皮膚の敏感な部分に塗ると独特のかゆみを発する。
だが、両手両足を縛られ、かゆくてもかくこともできない神納花はもがき苦しむばかりだ。
それを見て遊女(川崎紀里恵)が楽し気に笑う。
女囚幻想第三弾その8

坊さんが山芋のついた棒を神納花の性器に挿入し、性器の周囲にも塗りたくる。やがて、とてつもないかゆみに襲われていた彼女は、スリコギを使い「掻く」ことを懇願する。
「痒い!」「掻いて下さい!」がスリコギの律動とともに、歓喜の声に変わり、恥しい大絶頂を迎えることなる。
女囚幻想第三弾その10

三角木馬で責めを受ける神納花。あまりの苦痛に顔をゆがめ、大きな悲鳴を上げる。
着物をはだけられ、胸に食い込む縄目が痛々しい。
女囚幻想第三弾その9

三角木馬に跨った彼女の臀部に十手を押し付ける拷問師。
いくら泣き叫んでも助けは来ない。
女囚幻想第三弾その11

ほぼ全裸の状態で縛られ、十字架にかけられる神納花。
立て続けに責めを受け、生気を失った神納花の表情があまりにも痛々しい。
果たして彼女は現代に復帰できるのだろうか?
女囚幻想第三弾その12

作品紹介中の解説はブログ管理人の主観にて記述しております。
本編とセリフの言い回しが違う場合があります。紹介させて頂いている画像順は、作品とは順番が違う場合があります。

DVD 女囚幻想 第三弾 神納 花 95分 監督 魁
女囚幻想ジャケト画像

女囚幻想 エピキュリアンSM情報ブログ 関連記事

DVD 極縄 第五章 星川ういか×奈加あきら  

DVD 極縄 第五章 星川ういか×奈加あきら 作品紹介

緊縛師奈加あきら氏が星川ういかを縛り上げ、逆さ吊りにする。
ほとんど全裸で縛られ、天井から吊るされた星川ういか。
長時間この状態が続くと頭に血がのぼり、その苦しみは想像以上のもので、
恐怖感も半端ではない。
奈加氏は彼女の体に縄をかけ、それを引っ張って体を揺らしている。
頭に血がのぼった状態で揺らされると、吐き気を伴う不快感を味わうことになる。
これは、痛みとはまた違った苦痛である。
星川ういか その1

身体を揺らすことに飽きると今度は乳首に紐を結び付け、振り子のように体を揺する。
座った状態で乳首を引っ張られても痛いのに、この状態では究極のSM乳首責めと言えるだろう。
星川ういか その3

逆さづりの状態が長く続いたせいで、星川ういかはそろそろ限界のようだ。
見事に緊縛された縄目が下半身と乳房に食い込んで、見るからに痛々しい。
苦痛に喘ぐ星川ういかと、それを眺めかすかに笑みをたたえる緊縛師奈加あきら氏の表情が、いかにも対照的だ。
星川ういか その2

上半身は着衣のまま、下半身はパンティのみで後ろ手に縛られる星川ういか。
背中からのショットなので顔は見えないないが、これから起こることを想像し、恐怖に満ちた表情をしているであろう。
星川ういか その4

支柱から伸びた麻縄に、まずは右足の膝だけを吊られた星川ういか。
その表情はすでに泣き顔だ。
今はまだかろうじて左足が椅子に届くから体重を支えられる状態だが、この左膝も持ち上げられると、両膝に一気に体重がかかってくる。
星川ういかさんはとても表情が豊かな女優さんだ。「恐怖で泣きそうな顔」「諦めきった表情」「苦悶の表情と叫び声」などなど。
極縄第五章は奈加氏の厳しい縄と彼女の表情を通し、臨場感抜群のSM映像に仕上がっている。
星川ういか その6

ついに左膝も持ち上げられ、背中で縛られた両腕と両膝にギシリと体重がかかる。
麻縄が両膝に食い込んで、思わず星川ういかの表情が苦痛にゆがむ。
星川ういか その7

支柱から吊るされ、両膝も高く吊り上げられて、M字開脚で股間を晒す星川ういか。
これからどうなるのか? これ以上何をされるのか?
恐怖に怯え苦痛にゆがむ表情が見るに堪えない。
黙々と作業を進める奈加氏は、彼女にどこまで恐怖と苦痛を与えるつもりなのか?
星川ういか その5

苦痛と恐怖で失禁する星川ういか。
だが、緊縛師の責めはこれくらいでは終わらない。
両足の太ももの付け根と両膝に巻かれた麻縄が皮膚に深く食い込んでいる。
麻縄のみで全体重を支えるのはかなりの苦痛を伴うが、果たして星川ういかはどこまで耐えられるのか?
星川ういか その8

奈加氏の次の責めはロウソク責めだ。
熱く溶けたロウが、床に横たわる星川ういかの白い尻を紅く染めていく。
星川ういか その9

次に奈加氏が取り出したのは、200ml浣腸器。
これに浣腸液をなみなみと入れるのを見て、星川ういかが泣き叫ぶ。
(ジャケトには初浣腸と記載されている)
星川ういか その10

浣腸器をアナルに挿入され、浣腸液が腸内に注入される。
あきらめなのか、絶望なのか、それは彼女の表情が物語っている。
200mlの浣腸器に満たされた液体を奈加氏は繰り返し執拗に注入していく。
星川ういか その11

浣腸液がすべて腸内に送り込まれ浣腸器が引き抜かれると、アナルから白い放物線を描いて浣腸液がほとばしる。
星川ういか その13
作品紹介中の解説はブログ管理人の主観にて記述しております。
本編とセリフの言い回しが違う場合があります。紹介させて頂いている画像順は、作品とは順番が違う場合があります。

本格的SM緊縛シリーズ DVD極縄 第五章 星川ういか 奈加あきら
収録:121分 監督あばしり一家

平成29年9月26日 秋葉原サンショップにてDVD発売記念イベント・サイン会。
ツーショット写真を撮って、嬉しそうなファンの方。
星川ういかイベントその1

謎のポーズ
星川ういかイベントその2

奈加あきら氏 エピキュリアンSM情報ブログ 関連記事