奴隷色のステージ 26 作品紹介

アタッカーズの人気シリーズ「奴隷色のステージ 26 ゆいの」後手縛り監督

本妻の娘は、デザインの才能がある異母姉妹の妹「ゆいの」を妬んでいた。
可愛い笑顔で記者会見をうけるデザイナーの卵「ゆいの」 彼女は、まだこの時点では恐ろしい陰謀には気が付いていない。
デザイナー 跡取り・・・何やら昔あった某デザイナー家のお家騒動を想像させる。
「ゆいの」は父の死後、卑劣な罠に嵌ってしまう。
ゆいの

悪党軍団に凌辱される「ゆいの」
バスト・ウエストには奴隷色のボンデージが・・
奴隷色のボンデージ

仁王立ちフェラ、股間越しに映るたわわなバストとブレストボンデージ
仁王立ちフェラ

ブレストボンデージの装着効果の一つとして、バストを元から圧迫するので、寝た状態でもバストがロケット乳になるということがある。
奴隷色の乳

律動とともに艶めかしく揺れ動くロケット乳。
ロケット乳

毎日の責め苦、調教によって性奴隷化した「ゆいの」はエンディングロールが流れ始めても犯され続け、快楽に浸る。
エンディングまで犯される

奴隷色のステージのお求めは秋葉原サンショップタイヨー池袋店プレミアム博多本店、プレミアム隼人国分店にて。

奴隷色のステージ 26 作品紹介” への2件のコメント

  1. ピンバック: 奴隷色のステージ Vol.12 作品紹介 | エピキュリアン SM情報ブログ

  2. ピンバック: 奴隷色のステージ Vol.14 作品紹介 | エピキュリアン SM情報ブログ

コメントは受け付けていません。