DVD極縄 第四章 波多野結衣×奈加あきら

DVD極縄 第四章 波多野結衣×奈加あきら 作品紹介

波多野結衣は、出会い系で会った男に拉致されてしまう。
男が飲み物に薬物を入れようとしているが、結衣は気づかない。
知らずに薬物入りの飲み物を飲んだ結衣の運命は・・・。
波多野結衣×奈加あきら その1

目が覚めると緊縛されおり、自由を奪われた波多野結衣が男に好き放題にされてしまう。
結衣は逃げようとするが、がんじがらめに縛られているために身動きすらできない。
果たして結衣はどうなるのか。
男は、結衣を緊縛してどうするつもりなのか?
波多野結衣×奈加あきら その2

縛られ、動きを封じられた結衣が電マ攻撃を受ける。
電マで執拗に股間を責められて喘ぎまくる結衣。
いくらわめいても男は電マ攻撃をやめようとはしない。
延々と続く男の執拗な責めは、まだ始まったばかりなのだ。
波多野結衣×奈加あきら その3

ベッドの端に緊縛される結衣。
完全に自由を奪われ、何をされても抵抗できない!
男は意のままに結衣を操り、好きなだけ凌辱することができる。
後手に縛り、脚をベッドの端位置に緊縛するというあまり見かけない方法だが、脚の高いベッドやテーブルに拘束するのには、ひじょうに効果的ではないだろうか?
下3枚の画像のように、責め放題でSMプレイの幅が広がる。
(思わぬ怪我につながる場合がありますので、見よう見まねで緊縛を行う事はお勧めできません。)

波多野結衣×奈加あきら その4

四つん這い状態にされた結衣の背後から股間を舐める男。
最初は抗っていたものの、執拗に男に舐められた結衣は、しだいに喘ぎ声を上げるようになる
波多野結衣×奈加あきら その5

「あっ、あっ、嫌よやめて!」
男は縛られた結衣をバックから貫いた。
逃げたくても、ベッドに固定されたままの結衣にはそれができない。
手を後手に縛られ、顔をベッドにつけた屈辱的な格好でバックから犯される結衣。
いつやむともしれない男の凌辱に、結衣は絶望と歓喜の入り混じった声を上げ始めた。
波多野結衣×奈加あきら その6

床にしゃがみ、男の前で失禁する結衣。
意識も朦朧となり、人間としての尊厳も奪われた過酷な中で、さらに凌辱は続く。
波多野結衣×奈加あきら その7

男が指を使い、まるで鼻フックのように鼻先に指を引っ掛けていたぶる。
もはや抵抗する気力すら失った結衣は、男のなすがままであった。
波多野結衣×奈加あきら その8

宙づりにされ、両足をM字開脚のように開いた状態で辱めを受ける結衣。
男は大きく開いた結衣の股間に近づき、下から性器に指を入れてさかんに出し入れを始める。
いくら声を出すまいとしても、これを執拗にやられてはたまらない。
やがて結衣はしだいに歓喜の声を上げるようになり、それが大きな喘ぎ声に変わっていく。
波多野結衣×奈加あきら その9

極縄シリーズは奈加あきら氏を緊縛師として迎え、SMの原点に返り厳しさを追求した縛りと責めに特化したシリーズである。
下画像、吊りを完成させていく奈加あきら氏。↑上の画像やベッドで色々行っている人物は奈加氏ではなくよく似た男優(?)さん。

波多野結衣×奈加あきら その10

作品紹介中の解説はブログ管理人の主観にて記述しております。
本編とセリフの言い回しが違う場合があります。紹介させて頂いている画像順は、作品とは順番が違う場合があります。

本格的SM緊縛シリーズ DVD極縄 第四章 波多野結衣 奈加あきら
収録:128分 監督あばしり一家
極縄第四章ジャケト画像

奈加あきら氏 エピキュリアンSM情報ブログ 関連記事

DVD極縄 第四章 波多野結衣×奈加あきら” への2件のコメント

  1. ピンバック: DVD 極縄 第五章 星川ういか×奈加あきら   | エピキュリアン SM情報ブログ

  2. ピンバック: DVD 奇縄 波多野結衣 作品紹介 | エピキュリアン SM情報ブログ

コメントは受け付けていません。