DVD 解膣 みひな 鵺神蓮(緊縛師)作品紹介

DVD 解膣(SMスナイパーレーベル) 出演:みひな 緊縛師:鵺神蓮
【解膣(げちつ)】とは、縛られることによって解放される女性の心と体、その現象のことである。
冒頭はみひなさんへのインタビュー。美しい黒髪。明るいけども、見知らぬ人たちにいろいろなことをされることへの期待感。マゾという、拭いようのない烙印を多くの人に見られることになる。軽く縄を受けて。愛撫をされていく。
解膣みひな その1

一枚脱いで違うポーズで。下着を濡らされていく。恥ずかしい。気持ちが高まっていく。彼女の美しさが引き出されていく。顔つきも変わる。
解膣みひな その2

ハンディカメラの映像を交えるので、責めている側の視線でとらえた彼女の表情を楽しめる。
解膣みひな その3

縛られていない。自分で全裸になってすべてをさらけ出す。そして自慰を披露させられるのだ。本気でイクまでやらされる。その表情をスマホでも撮られる。
今度は犬のように這わされて、首に縄をかけられる。牝犬調教。男の足を舐める。屈辱にまみれながら、被虐の炎が燃え上がる。
解膣みひな その4

熱くなった体をさらに縄で厳しく縛り上げ、乳首に洗濯バサミを与えるだけで、声を上げてしまう。
洗濯バサミは唇や舌にも。縛り直される。かなりの時間、洗濯バサミをつけられたまま、いたぶられていく。
解膣みひな その5

そんな彼女の中に溜まった淫らさを発散させるかのように、股間に電マを当てて叫ばせる。股間はぐちゃぐちゃになってしまっている。その恥ずかしさを一番よく知っているのは彼女自身だ。
テーブルに縛り付けての蝋燭責め。SMとしてはソフトなプレイに入るのだろうが、彼女の感じ方が強いので、見応えが十分にある。女の芯から壊されていく
解膣みひな その6

和室で布団を敷いての緊縛へ。彼女がどんなマゾ女かすでにわかっているので、ここからの責めはさらに一層、手加減なしになっていく。鵺神蓮氏の責めはそれでも、終始穏やかなのだ。まさにツボを心得ているのだろう。
M字で吊されて、恥ずかしい女の部分を弄ばれる。そこをいじられていくだけで、本性が露わになっていく。
解膣みひな その7

メスとして快楽だけに浸っていく姿の美しさ。いやらしさ。
解膣みひな その8

止まらなくなってしまった体。股間に締め込まれた縄を、自ら体を揺らして食い込ませていく。
男のものを求めてしまう。悔しいことに、これだけ痴態を晒したというのに、男はまだそれほど感じていないのだ。唇で舌で必死になって愛撫を繰り広げる。欲しい、どうしても欲しい……。
我慢に我慢を重ねてようやく、彼のものをいただけた……。彼女の狂態もさらに激しく熱く。なんという声を出すのだ。
解膣みひな その9

最後にもインタビュー。いい笑顔。縛りについて「めちゃくちゃ気持ちよかった」と笑顔で語る。女優みひなの内面に潜む女をすべて暴き出していく。ほぼリアルタイムに進行するので、じわじわと楽しめる作品。特典映像として、緊縛の技術的な解説がついている。安全で失敗しない股間への仕掛け縄のかけ方も価値あり。
文=あんぷらぐど 荒縄工房主宰)
解膣みひな その10

作品紹介中の解説は筆者の主観にて記述しております。
本編とセリフの言い回しが違う場合があります。紹介させて頂いている画像順は、作品とは順番が違う場合があります。

DVD「解膣(げちつ)みひな 販売ページ – SMグッズのエピキュリアン
解膣みひなジャケット画像

三原ほのか-DVD緊縛飼育-危険な毒花 作品紹介

DVD「緊縛飼育~危険な毒花~三原ほのか」

Barで飲んでいる三原ほのか。天馬ハル睡眠特製カクテルの奸計にまんまと嵌ってしまう。
三原ほのか 天馬ハルその1

気が付くと牢屋に監禁されていた。助けを呼び叫ぶが、当然助けは来ない。この檻の中では立つことも動き回ることもできない。何故だろうか?
三原ほのか 天馬ハルその2

脚を括り付けられているからだ。個人的な意見を言わさせてもらえば、私はこのような細かく丁寧な演出が好きだ。
三原ほのか 天馬ハルその3

何時間が経過したのだろう。渇きと飢えでペット用食器に飛びつく三原。
金属製食器に付いた餌まで、舌先で掃除するように食べる。
三原ほのか 天馬ハルその4

飲み食いすれば、当然、自然の摂理がやってくる。激しく放尿。
三原ほのか 天馬ハルその6

檻に麻縄で括り付けられたディルド。賢明な読者なら次に何が行われるか、お分かりであろう。
三原ほのか 天馬ハルその12

そう、ディルドを秘部に挿入し腰を上下させる。
三原ほのか 天馬ハルその9

真性マゾである三原はこのままの状態で果ててしまう。
三原ほのか 天馬ハルその10

Gカップを強調するような緊縛。天馬の土手叩きが始まる。激しく身悶える三原。
三原ほのか 天馬ハルその7<a href=

M字開脚に緊縛固定され、えんえんと電マで責められ何度も昇りつめる三原ほのか。
三原ほのか 天馬ハルその12
この後も、逆海老吊りでの蝋燭責めなど、さまざまな責めバリエーションが続くが、そこには、もう彼女の悦びの声しか聞こえない。

作品紹介中の解説は筆者の主観にて記述しております。
本編とセリフの言い回しが違う場合があります。紹介させて頂いている画像順は、作品とは順番が違う場合があります。

DVD「緊縛飼育~危険な毒花~三原ほのか」 販売ページ
緊縛飼育 三原ほのか ジャケット画像